とにかく「軽さ」を望むなら

 働き方改革が推進される中、在宅勤務など会社以外のスペースで仕事をするテレワークが増えている。最近では休暇のバケーション中でも、テレワークをする「ワーケーション」という言葉も登場。もはや「本当に休暇になっているのか?」と思われるのだが、都会とは違う非日常的で開放感のある景色の中で仕事をすると、アイデアが生まれやすかったり、生産性が上がるとか。地方経済の再生策としても注目されている。

 NECのノートPC「ZERO」シリーズは、究極までの最軽量を追求するモデルで有名。最新のHZ500/LAは、13.3型の2in1ノートPCで世界最軽量となる約769gを実現した。

 軽量ながらもボディは150kgfの面加圧試験をクリアする頑丈さなので、バッグやカバンの中に入れてアクティブに持ち運んでも安心だ。約7時間の長時間バッテリー駆動もうれしい。もちろん、タッチパネルの搭載で液晶部分が360度回転してタブレットPCのように使えるので、プレゼンシーンでも活躍するだろう。(至)
 

メーカー名 NECパーソナルコンピュータ
ジャンル   ノートPC
発売日   10月25日
価格     16万9800円前後
型番     HZ500/LA