▼スマートフォンにLINEの公式アカウントから「他の端末からログインされた」という通知が来た。自分自身が他の端末でLINEにログインしようとした事実はないので、これは不正アクセス、ということになる。

▼災害が多発した昨年は、「正常性バイアス」などという言葉も頻繁に耳にした。LINEのアカウント乗っ取りや不正アクセスについては多くの被害が報告されているが、まさか自分がこんな被害に合うとは思ってもいなかったというのが正直なところである。乗っ取り犯がIDとパスワードによる第一段階の認証を突破したのは確かで、すぐにパスワードを変更して事なきを得たが、モヤモヤした不快感は残った。

▼こうした被害に合うと、例えばパスワードの使いまわしの危険性を身をもって痛感することになる。仮に他のサービスに同じメールアドレスとパスワードでアカウントを作成していたらと考えると背筋が寒くなる。

▼便利なデジタルサービスがどんどん出てくる中で、デジタルアイデンティティーの取り扱いにおけるセキュリティーの継続的な向上は必須。デジタル空間におけるアイデンティティー喪失は、現代人にとって明日の生活に直結する大きな危機だ。(霹)