未来を見抜くことが運を引き寄せる

 皮ごと食べられるとして人気を博しているブドウ「シャインマスカット」。最盛期は一粒200円と言われ、いち早く栽培に取り組んだ農家の中から億万長者が続々と登場して話題になった。その後、ブームを見た多くのブドウ農家がシャインマスカットの栽培に参入するようになる。ところが、数が増えれば当然のように低価格化が進む。後発組が億万長者となるのは容易ではない。

 いち早くシャインマスカットの栽培を手掛けた農家は、運がよかっただけなのか、それとも。

 本書は指摘する。「『運のよさ』とは、情報に飛びつけるかどうか」。シャインマスカットの栽培にいち早く取り組んだ農家は、情報に飛びついて運を引き寄せたに違いない。

 情報活用の大切さは、情報産業に身を置く者にとって常識のはずだが、情報で運を引き寄せているかといえば、どうだろう。運が悪いと感じるようなら、実は情報弱者なのかもしれない。なお、本書にシャインマスカットの話は出てこない。(亭)
 


『情報だけ武器にしろ。』
堀江貴文 著
ポプラ社(860円+税)