▼今どき電話をかけてくるようなやつとは仕事をしない。電子メールも使わない。デジタル時代の先導者を自認する経営者が、そう言っていた。連絡は、SNSなどのコミュニケーションツールで十分というわけだ。むしろ視野が狭くなると心配するが、そんなやつを相手にしていては前進できないと譲らない。

▼事例の取材で困るのは「担当者の人柄にひかれて」という導入理由。機能と費用に大差がないのなら、担当者の人柄で決めるというのは理解できるものの、記事にはならない。ビジネス課題に対し、何を考え、どう決断したかを知りたいのに、何度もこのケースに遭遇する。電話や電子メールどころか、密な飲みニケーションも有効なツールとなっているに違いない。

▼働き方改革で進む業務の効率化を思えば、電話を使うケースは確実に減っていく。アプリで十分という経営者は、現時点では奇異な存在に感じるが、いずれ風向きは変わる。そのころには、次の手段をアピールするのかもしれないが。

▼電話以上に消えそうなのが、既に死語かもしれない飲みニケーション。酒席の失敗談は、古き良き思い出。大いなる文化は、風と共に去りぬ。(風)