▼米フェイスブックが発表した仮想通貨事業「リブラ」構想が世界をざわつかせている。グローバル経済の覇権を握りつつある「GAFA」の一角が、新時代の有力テクノロジー企業を巻き込み、ブロックチェーンを活用した新しい経済秩序の確立を主導しようとしている構図に見える。

▼特に金融分野の既存プレイヤーの警戒感は強い。規制当局も同様で、G20では仮想通貨の規制について議論されるというが、リブラが議題に上っても不思議ではない。リブラが通貨や決済に革命を起こすイノベーションになるとすれば、金融市場の支配者が変わる可能性もある。

▼リブラ構想の発表は仮想通貨業界、ブロックチェーン業界全体の追い風になるという見方もあるようだ。一旦はバブルが弾けたビットコインも年明けからは値上がり基調で、仮想通貨バブル再びかという声も一部では聞かれる。

▼ブロックチェーンはガートナーのハイプ・サイクルで言うところの「幻滅期」に入り、幅広い用途で社会実装が進んでいこうかという段階だ。ブロックチェーンのテクノロジーとしての可能性を地道に追求する基盤技術の研究にもしっかりお金が流れてほしいと願う。(霹)