日本企業のためのサブスク実践ガイド

 「全てのビジネスはやがてサブスクリプションになる」と週刊BCNのインタビューで断言したのは、北米市場を席捲しているサブスクリプションマネジメントソリューションベンダーであるズオラの創業者/CEOのティエン・ツォ氏だ。日本でもさまざまな分野で、モノ売りからサービスへの転換が進んでいる。

 一方で、どうしたらサブスクリプションの波を捉えて自らのビジネスをアップデートできるのかを考えるとき、世界の先進事例などを解説する書籍を読んでも距離が遠すぎて参考にならないという声も聞く。本書は「日本企業のためのサブスク実践ガイド」と銘打ち、日本の身近なサブスクリプションビジネスの事例を挙げ、成長のポイントを平易な言葉で解説している。

 著者はサブスクリプション特化のコマースシステム提供やサブスクリプションビジネスのコンサル、システム構築などを手掛けるテモナの佐川隼人社長。佐川社長は一般社団法人日本サブスクリプションビジネス振興会の立ち上げを主導し、代表理事も務める。(霹)
 


『サブスクリプション実践ガイド
安定収益を生み出すビジネスモデルのつくり方』
佐川隼人 著
英治出版 刊(1600円+税)