ゆったりと少し贅沢な時間を楽しむ


 オフィス街の昼食は、どこの店に行っても混雑するもの。そうした中でも「少し奮発すればゆっくり食事を楽しめる」のが中国広東料理の「杏梨(シンリー)」。中堅・中小企業向けビジネスを手掛けるキヤノンシステムアンドサポートの石原三起子課長のお気に入りの店だ。

 品川にある本社オフィスから歩いて数分。おすすめの料理は、杏梨特製の担々麺とサラダ、デザートの杏仁豆腐の組み合わせ。奮発するといっても2000円でお釣りがくる程度。お店の清掃も行き届いていて、「女性一人でも入りやすい雰囲気」なのも評価ポイントだという。

 普段は、社員食堂などで昼食をとることが多いという石原課長だが、仕事が一段落したときなど、「がんばった自分のご褒美として、杏梨でゆったり、少し贅沢な食事をとるのが楽しみ」だと話す。(寶)


中国広東料理の老舗『杏梨』
東京都港区港南2-15-2 品川インターシティS&R棟4階
050-5868-3615 昼2000円程度