マイクロソフトが、クラウド上で動作するWindows PCをWebブラウザー経由で利用できる新サービス「Windows 365」を発表しました。同社では、同様のサービスとして「Azure Virtual Desktop」を既に提供していましたが、Windows 365では料金プランや管理方法をシンプルにし、中小企業でも使いやすいようにしているのが特徴です。

  テレワークが普及し、従業員の自宅などでPCが使われるシーンが増えたことで、企業にとってPCの管理はますます大きな課題となりつつあります。それに対して、業務に使うPC環境がクラウド上にあれば、場所や端末を選ばずいつどこからアクセスしても同じデスクトップが利用可能。企業のIT管理者は業務用のPCを従業員の自宅へ送ったり、ハードウェアのトラブルに悩まされたりすることがありません。Webブラウザーさえ動けば、古い端末でも高いパフォーマンスが得られることもメリットです。

 とはいえ、インターネット経由でVDIやリモートデスクトップを使ったことのあるユーザーなら理解できるかと思いますが、インターネット越しに使うPCの操作感覚は、通常のPCとはやはり若干異なります。また、Windows 365のサービス料金はまだ発表されておらず、多くの企業にとって魅力を感じられる価格になるかは未知数です。クラウドPCという新たなカテゴリーを形成することができるのか、注目です。(日高 彰)

【記事はこちら】
米マイクロソフト、「Windows 365」発表、新カテゴリー「Cloud PC」を生み出す