米マイクロソフトは7月14日(米国時間)、法人向けクラウドサービス「Windows 365」を発表した。8月2日からの提供を予定している。Windows 10やWindows 11などのOSをクラウドに移行して利用が可能。企業の社員などが世界各地に分散していても勤務できるハイブリッドワークモデル実現の最善の方法を模索する中、同社はクラウドとデバイスの両機能を活用した「Cloud PC」という新たなカテゴリーを生み出していく。


 Windows 365は、「多機能」「シンプル」「セキュア」の3点が特徴。多機能という点では、企業内ユーザーが瞬時に起動して、さまざまなデバイスで全てのアプリケーション、ツール、データなどの利用が可能。加えて、Windows 10もしくはWindows 11(2021年後半に一般提供を開始)のいずれかが選択できる。

 OSがWindowsであるほか、IT部門にとってWindows 365で展開・更新・管理をシンプルに実現。しかも、管理プラットフォーム「Microsoft Endpoint Manager」でCloud PCの調達、展開、管理を物理的PCの管理と同様に行うことができる。仮想化技術のノウハウを必要としないほか、ユーザーがログイン時にデバイスを横断して中断した部分から作業の再開が可能なことも強みとなる。

 セキュアでは、ゼロトラストの原則を活用し、情報やデータなどをクラウド上で安全に保存。常に最新状態にアップデートされるほか、IT部門のセキュリティ作業の簡素化も実現する。

 なお、同社ではCloud PCを広めていくため、SIerやMSP、ISV、OEMベンダーとのパートナーシップを強化していく方針だ。