▼今月19日に取材先にメールを送ると、24日から出社する旨の自動メッセージが返ってきた。23日は今年最後の祝日「勤労感謝の日」。金曜日から休暇を取得し、連休で英気を養うのだろうと勝手に推察した。

▼長引く新型コロナ禍で、旅行や会食などを自粛する動きが続いた。現在は、国内の感染状況は沈静傾向にある。緊急事態宣言なども解除されており、自粛ムードはやや薄くなっているといえる。件の方がどのように過ごしていたかは分からないが、にぎわう観光地の様子を伝えるニュースなどを見ると、多くの人が以前のように連休を楽しんでいたようだ。

▼IT業界でも、以前の光景が見られそうだ。米国・ラスベガスで開かれてきた大型のテクノロジー見本市「CES」が来年1月、来場型イベントとデジタルイベントのハイブリッド方式で開かれる。今年はオンラインだったため、現地での開催は2年ぶりとなる。

▼海外では、欧州などで新たに感染が増えており、国内でも今後の“第6波”が懸念されている。感染状況によっては、ようやく戻り始めた日常が束の間のものになってしまうかもしれない。油断は禁物だ。(鰹)