▼米大リーグ機構(MLB)と選手会の交渉が日本時間の3月11日、合意に達し、同4月8日に開幕することが決まった。球団の活動が止まるロックアウトは約3カ月で解除に。開幕延期の影響で試合の一部中止が発表されていたが、予定通り全162試合が実施されることになった。

▼お互いが利益の最大化を目指す交渉は、主張をぶつけ合い、妥結点を探る方法で進められる。時には決裂するケースもあり、94~95年のMLB労使交渉では、選手側がストライキに踏み切り、シーズンの試合数が減少した。

▼スポーツだけでなく、政治や外交、ビジネス、日常生活と、さまざまな場面で交渉は必要になる。経験したことがある人にとっては、相手との話し合いをまとめる難しさはよく分かるだろう。

▼「セールスや交渉の場面では、ローテクがハイテクに圧勝する」。マーケティングの世界で有名なダン・S・ケネディは、05年発売の著書「常識の壁をこえて こころのフレームを変えるマーケティング哲学」でこう語っている。DXに向けて社会は動き出しているが、交渉では、技術よりも人の力が重要なことに変わりないようだ。(鰹)