鉄道マニア御用達のB5版で分厚い全国時刻表。重さは1kg以下という決まりがある。1kgという重さは、さまざまなモノの重さのしきい値になっているように思える。ノートPCもまた「1kgを切る」というのが軽量モデルの目標値になっている。鞄のなかに入れて日々もち歩くことを考えると、これぐらいの軽さで、かつ頑丈であってほしい。

 1kg未満のノートPC市場の勢力図をみると、10月のメーカー別販売台数シェアで1位はASUS、2位NEC、3位パナソニックの順だった。ASUSは2月発売の「Eeebook X205TA」が売れ、10月の台数シェア44.3%を獲得した。重さ980gと軽量ながら、平均単価(税別)3万円台前半と破格の価格で登場。5月に平均単価がこなれてくると台数が伸び、それまでトップだったNECを一気に逆転した。2位はNEC。シェアは41.4%でASUSとほぼ同率だ。超軽量を付加価値にした「LAVIE Hybrid ZERO」が好調。10月現在で13万円弱という高価な製品ながら4分の1以下の価格のASUSの製品と同じくらい売れている。武器は、13.3インチで779gと驚異的な軽さだ。3位はパナソニックでシェア11.4%。10.1インチの2in1でわずか745gの「Let's note RZ4」によるものだ。

NECの「LAVIE Hybrid ZERO」

 軽さも700g台になると、PCという感じはしない。13.3インチの「LAVIE Hybrid ZERO」は、それなりの画面サイズで本当に動くのかと思うほど軽く感じる。それでもPCとして稼働しているところをみると、ある種の感動すらおぼえる。1kg未満の軽量ノートは、構成比で5~10%程度の小さな市場ではあるものの、前年比で200%以上を維持しており好調だ。文字の入力や編集、画像や動画の加工など、情報生産型の作業におけるノートPCの便利さに、何か新たな価値が加われば市場は息を吹き返すのだ。