特許を収益の柱にしようという動きが顕著になってきた。従来、「防衛」としての位置づけが強かった特許が、「攻め」の手段として用いられるようになり、特許そのもので収益をあげようという企業が出始めてきたのだ。いわば、特許部門がコストセンターからプロフィットセンターに変わろうとしている。同時に、新たに企業価値を推し量る指針ともなりそうだ。特許取得件数で上位を占め続ける主要IT企業は、特許をどう捉えているのか。