その他

水道復旧にGISが威力を発揮 わずか3日で使用可能に

2003/10/20 21:12

週刊BCN 2003年10月20日vol.1011掲載

 災害時に電気、ガス、水道、通信、道路などのインフラをいち早く復旧できるかどうかが、住民の不安を取り除き、災害復興を順調に進められるかのカギになる。9月26日早朝に発生し震度6弱を記録した北海道の「十勝沖地震」では、道路をはじめインフラがズタズタに寸断された。その中で住民生活の基盤となる水道をいち早く復旧させたのが池田町だ。地震発生から全町で使用不能になっていた水道を、わずか3日で町内全ての地域で使用可能にした。復旧を早めた最大の要因はGIS(地理情報システム)を完備していたことだ。GISを活用して効率的な復旧作業を行い、周辺町村よりはるかに早く、水道の供給を再開した。(川井直樹●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1