米ネバダ州ラスベガス市で1月8-11日(米国時間)の4日間、情報家電やゲーム機器の一般消費者向け製品の展示会「2004 インターナショナルCES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)」が開催された。過去最大規模の2300社以上の出展企業が、20分野の製品を出展した。ラスベガス・コンベンション・センターをはじめ、ラスベガス・ヒルトン、アレクシス・パーク・リゾートなどの市内の主要イベント会場を使い、ラスベガス市内はCESムード一色に染まった。報道関係者およびアナリスト向けには、一般公開に先立ち、先進的な技術や製品を表彰し、受賞を受けた製品を展示する「イノベーションズアワード」が行われた。車載機やAV(音響・映像)機器など、従来に比べ多種多様な製品が顔を揃えており、コンシューマ向け家電製品の総合的なイベントとして変貌を遂げつつある。(木村剛士●取材/文)