パソコン専門店や家電量販店のオンラインビジネスが第2ステージに入った。大手サイトでは、異なった業種の商品アイテムをサイトに掲載する総合ポータルサイトを目指すか、パソコンや家電製品の品揃えを強化する特化型サイトに注力するかという2極化の方向に進みつつある。総合型と特化型の双方とも、新規顧客を増やすという目標は共通。実店舗への誘導など「リアル」と「バーチャル」の連携強化にもつなげていく。また、これまで獲得した顧客を地域別で分析し、出店計画に結びつけるといった新しい取り組みも動き出している。(佐相彰彦●取材/文)