電子情報技術産業協会(JEITA、佐々木元会長)によると、2003年度(03年4月-04年3月)の国内パソコン出荷実績は、台数ベースで前年度比10%増の1078万3000台、金額ベースで前年度並みの1兆6120億円となり、市場に明るい兆しが出てきた。今年度は、出荷台数で前年度比6%増の1140万台を予測。まずは、法人市場を中心に回復が期待できるとみている。しかし、低価格化の波は今後も避けられず、いかに収益性を確保できるかがメーカー各社にとって頭が痛いところ。加えて、コンシューマ市場は前年度並みの見通しにあり、パソコン市場の完全回復にはまだ課題が残る。(佐相彰彦●取材/文)