大塚商会の大塚実取締役会長が3月30日付で相談役名誉会長に就任したことから、5月17日、長年の労をねぎらおうと業界関係者が集い「大塚実さんを囲む会」が開催された。1961年7月の創業以来40年余り、経営の第1線に立ち大塚商会を成長させてきた大塚名誉会長の経営哲学を称える場として、「大塚実氏、40余年の経営哲学を語る」と題する対談、および懇親会が開かれ、約250人の参加者が詰めかけた。対談は、BCN社長・奥田喜久男の進行のもと、大塚名誉会長の40余年にわたる経験と経営に対する考え方をじかに聞くことができる貴重な時間となった。対談内容の要旨は以下の通り。