その他

業界賑わすPCサプライとメモリ トップメーカー同士が相互に参入

2004/07/19 21:12

週刊BCN 2004年07月19日vol.1048掲載

 パソコンおよび関連機器を巡り、PCサプライとメモリの両市場が業界を賑わせている。まずは、メモリでトップシェアのバッファローが7月1日にマウスを発売し、サプライ市場に参入。一方、7月15日には、マウスで首位につけるエレコムが増設メモリを発売した。トップメーカー同士の相互参入で市場にはかつてない激しい火花が散るとの観測もあるが、角度を変えれば違った見方も浮かび上がってくる。というのも、両社ともホームネットワークやAV(音響・映像)関連機器など新しい領域のビジネス拡大を視野に入れており、今後はこうした領域で開発を中心に多大な投資が必要となってくる。そうした資金需要に備えるため、高利益が期待できる分野へそれぞれが参入したとも言える。(佐相彰彦●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事