その他

韓国IT産業、キーワードは「IT839」 情報通信部、郵貯利用し新戦略

2004/10/18 15:00

週刊BCN 2004年10月18日vol.1060掲載

 9月初めから韓国の全国郵便局では特殊な名前の積立貯金が販売され始めた。「IT839」という名前の積立貯金がそれである。まるで暗号のようなこの貯金は、デジタルテレビの大衆化のため、韓国・情報通信部が傘下機関である郵便局を通じて意欲的に売り出した商品だ。この貯金に加入すれば、デジタルテレビ購入資金として最高500万ウォン(50万円)まで郵便局から融資してもらえる。(鄭載学(ジョン・ジェハク=BCNソウル特約記者)●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1