その他

「映像の東芝」復権へ キーデバイスを続々投入

2004/11/22 21:12

週刊BCN 2004年11月22日vol.1065掲載

 東芝が「映像の東芝」を重点課題に掲げ、デジタル家電事業への取り組みを強化している。その背景には、創立130周年という節目を迎える2005年に、次世代のデジタル家電を支えるキーデバイスが東芝から続々と市場投入され、同社の優位性が発揮しやすくなるという変化が見逃せない。このほど発表した04年度(05年3月期)の中間期連結決算では、「映像の東芝」を支える中小型液晶パネルや半導体が牽引役となり、前年同期に119億円に上った営業赤字を、一転して506億円の黒字としてみせた。いま、「映像の東芝」復権に向けた狼煙が上がろうとしている。(大河原克行(ジャーナリスト)●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1