日本オフィス・システム(NOS、尾﨑嵩社長)は、今年4月以降をめどに自社開発のERP(統合基幹業務システム)を順次投入する。まずは自社の顧客企業のうち、取引額が多い上位1000社をターゲットに営業活動を本格化する。同社が本格的な自社商材を開発するのは初めて。2007年度(07年12月期)までに、関連する事業を合わせて年間10億円規模のビジネスに拡大させる。