クレオ(川畑種恭社長)が変身中だ。6月に、3年間で売り上げ倍増を骨子とし「変革への挑戦」をうたった「2005-2007年度中期経営計画」を公表したが、その変革の一環として8月には新ブランド「eCREO(イークレオ)」を発表した。「変革しなければこの業界では生き残っていけない。そのための時間もあまりないので、3年間で思い切った体質転換を図る」と語るのは川畑種恭社長だが、同社長と大谷武彦会長、土屋淳一・取締役常務執行役員経営企画室長のトップ3人に変身の背景と具体的な戦略を聞いた。