日本情報技術取引所(JIET、二上秀昭理事長)の五味久夫・常任理事が社長を務める東京京装コンピュータは、JIETの成長に伴い業績を伸ばしてきた。JIET会員の協力を得て、「大型案件」を受注できるようになったためだ。「こうした大型案件を会員同士で協力しあう中で受注することで、JIETの魅力が増す」という。五味常任理事には、会の魅力や問題点、NPO(民間非営利団体)に移行する上での課題などについて聞いた。