その他

札幌市、高度IT人材を600人育成へ 人材登録し、発注者に公開

2006/04/03 21:10

週刊BCN 2006年04月03日vol.1132掲載

 札幌市は2006年度から3か年計画で、高度IT技術者を育成する新規事業を開始する。ITスキル標準(ITSS)に示された「ITアーキテクト」のほか、「組み込み」「セキュリティ」の各人材を3年間で600人育成。全国共通の指標で認証した技術力に加え、システム構築やソフトウェア開発の経験年数、開発実績などの人材情報を登録し、ウェブサイトなどで公開する。高度IT人材がどの程度在籍しているかが分かれば、道内や首都圏などでシステム開発する企業は、道内ITサービス企業へ案件を安心して発注しやすくなる仕組みだ。自治体主導のこうした事業は全国初。市内のITサービス企業が「下請け」を脱し、「元請け」に転じるための人材育成事業として注目される取り組みだ。(谷畑良胤●取材/文)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1