これまで中国を自社製品の生産拠点とみなしていた日本の大手コンピュータ総合ベンダーが、中国国内で急成長するシステム需要の開拓に取り組み始めた。IBMやヒューレット・パッカード(HP)、デルなど世界大手がひと足早く中国向けのビジネスを強化しているうえに、中国の地元SIerの実力も日増しに高まっている。国内ベンダーが活路を見いだすためには、得意業種などに絞り込んだ展開と、中国の地元ベンダーとのパートナーシップの確立が鍵を握ることになる。