「日本版SOX法」施行を控えている現在、情報セキュリティ業界では「内部統制」が情報漏えい対策に次ぐキーワードとして浮上している。セキュリティベンダーからは多種多様なツールが投入されており、それぞれ拡販に躍起だ。かつて「個人情報保護法」完全施行の前後、情報漏えい対策特需に沸いたセキュリティ業界。日本版SOX法の施行前後にも同様の特需が起こる可能性もある。ただ、そのツールを活用して情報システムとして納入するSIerは注意が必要だ。内部統制の実現には、ひとつのツールを導入すれば万全ということは有り得ない。内部統制を実現するためのサービスなども含めた総合提案が必要になる。特需を勝ち取る方法は何かを探る。(木村剛士●取材/文)