経済産業省関連の独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)が欧州の産学官研究機関とオープンソースソフトウェア(OSS)に関する相互協定を結んだ。公共機関や教育機関でのOSS利用促進に関連して、相互に情報を交換するとともに、オープン・スタンダードにかかわる基盤整備プロジェクト「オープン・トラステッド・コンピューティング(OTC)」を共同で推進する。2003年から日中韓(JCK)の連携で進んできたOSSイニシアチブの枠組みにも影響を与えそうだ。   IPAが相互協定を結んだのは、欧州連合(EU)のOSS研究開発機関であるフランフォーファー・フォーカス。同機関はドイツに本部を置くフランフォーファー研究所の一機関で、EU広域のOSSに関する産官学研究機関として位置づけられている。