開発力と営業力を併せ持つ販売系SIerは、好天に恵まれそうだ。主要なSIerは、単価下落で利益確保が難しいハードの販売事業から独自性を打ち出した高収益事業のソフトウェアとサービス分野へのシフトを進めている。ソフトとサービスを組み合わせたソリューションに力があれば、利益は順調に伸びるはず。SIerのなかには、中期経営計画を2007年度から進めるところもある。ビジネス環境が良好なうちに、従来のビジネスモデルにとらわれない新規ビジネスの立ち上げや、新技術修得に向けて研究開発に取り組む動きも出てきそうだ。(木村剛士●取材/文)