デルの日本向けパソコンおよびサーバーは、中国・廈門(アモイ)のCCC(China Customer Center)4で生産されている。同工場では、年間で最大350万台ものパソコンが生産可能。これは、日本市場の年間出荷台数の4分の1にあたる。隣接する工場も合わせると、実に国内市場の半分に匹敵する規模だ。このほど、同工場を訪問する機会を得た。日本向け製品の生産ラインの取材を通じて、デルモデルの調達、生産、物流の仕組みを追った。(大河原克行(ジャーナリスト)●取材/文)