総務省がITコンサルティング会社、豆蔵に委託して開発を進めていた「ITアーキテクト」を育成するための「PBL(プロジェクト方式の学習)教材」のプロトタイプが、このほど完成した。国内初の試みである。豆蔵は1-2月に「ITアーキテクト」育成の取り組みで全国に先駆ける札幌市やマイクロソフトの協力を得て、市内のICT(情報通信技術)人材を対象に検証を目的とした講座を実施。ここに参加した「ITアーキテクト候補生」の感想などを参考に「完成版」を近くリリースする。今後、教育機関やITベンダー内で、この教材の利用を促していく。札幌市が来年度、この教材を利用した教育事業を開始するなど、国内の「ITアーキテクト」育成が段階的に全国へ波及しそうだ。(谷畑良胤●取材/文)