国内の企業では、仮想化技術を利用してシステム全体を最適化する動きが活発化している。「VMware」に代表される仮想化ソフトウェアの性能向上や低価格化、サーバーの高速化、ブレードサーバーやストレージなどを組み合わせ最適化された「仮想化ソリューション」の相次ぐ登場などを受け、システム開発・構築の“トレンド”として仮想化が一躍注目を集めているのだ。仮想化に関連するハードやソフト、システム構築などの技術・製品は昨年までにほぼ出揃ったといわれている。このため、IT業界では2007年が「仮想化・普及元年」になると期待が高まっている。今回の連載では、国内に仮想化の波が訪れた2005年頃から現在までの市場動向をはじめ、大手SIベンダーや、大企業に加え中堅中小企業にシステム開発・提供するSIerの取り組みの変遷、ユーザー事例などを6回にわたり紹介する。(谷畑良胤●取材/文)