その他

インターネット協会  「ネット犯罪」監視へ 

2007/06/04 14:53

週刊BCN 2007年06月04日vol.1189掲載

 インターネット犯罪を監視する民間主導機関がスタートした。財団法人インターネット協会内に設置されたインターネットホットラインセンターがそれで、今年春、世界25か国・地域で組織する国際機構INHOPE(インターネット・ホットライン・プロバイダーズ)に加入した。日本を代表する監視機関として児童ポルノ、薬物、爆発物などに関する情報発信サイトを24時間体制で情報収集し、警察庁と協力することになる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事