日本ビジネスコンピューター(JBCC、山田隆司社長)は、CRMソリューションの事業を拡充する。同社はデータ連携ソリューション「CustomerVision/DataAnyware(カスタマービジョン/データエニウェア)」を発売した。グループ会社イグアスのパートナーのほか、NEC、富士通などのメーカー、SIerなどへの外販を検討。今回はオープン価格を採用したことで、OEMや他のソリューションと連携などにつなげていきたい考えだ。