「2015年頃には、家庭やオフィスからパソコンが消える」--。IT業界に身を置く人たちにとっては衝撃的な論調を展開する『21世紀の国富論』を上梓したベンチャー・キャピタリストの原丈人氏に、「ポスト・コンピュータ時代」について聞いた。IT産業は、黎明期、成長期を経て成熟期を迎え、これから先はどのようになっていくのか。原氏が次の時代について語る、「パーベイシブ ユビキタス コミュニケーションズ(PUC)」というコミュニケーション重視の時代が到来するとする主張を掘り下げてみた。