コンピュータ/ネットワーク関連の大手国産ベンダーとして、海外ベンダーと激戦を繰り広げる富士通とNEC。2007年度(08年3月期)の通期業績をみると、主力のシステム関連事業で堅調な伸びを示している。両社とも、弱みを克服したことで成長を遂げたわけだが、富士通がSIサービス、NECがハードウェア事業と、08年度は「いかに強みを拡大できるか」がカギといえそうだ。(佐相彰彦●取材/文)