オフィス用品通販のアスクルは、リッチインターネットアプリケーション(RIA)技術を採用した新しいユーザーインタフェース(UI)を開発した。3月にベータ版を完成させ、今夏にも正式版の配布を始める予定だ。基盤部分に採用したアドビシステムズのRIA実行環境「AIR(エアー、Adobe Integrated Runtime)」を使っての商用事例は国内で初めて。このため参考にできるRIAの構築事例が極めて少なく、開発に当たっては試行錯誤の連続だった。(安藤章司●取材/文)