国産PCメーカーのデスクトップPC事業が思わぬアクシデントに見舞われた。NEC(矢野薫社長)と富士通(野副州旦社長)の両社がデスクトップPC生産で使用している筺体部品を調達できない状況に陥っている。とくにNECは深刻だ。法人向けデスクトップPCのすべてで使っているのが、このたび調達難に陥った部品のため、生産再開のメドが立っていない。NEC販社は競合メーカー製モデルの販売を余儀なくされる可能性があり、シェアに影響が出そうだ。