地上デジタル放送(地デジ)への完全移行を前にして、パソコン業界にさしてビジネス的なメリットがないことに失望感が強まっている。地デジ(フルセグ)放送は暗号化されるため、特殊な装置を使って解読しないと映像が見られず、私的な複製も厳しく制限される。従来のアナログ放送のように、パソコンで自由に編集を楽しみ、iPodなど携帯プレーヤーへ映像を転送して視聴するパソコンユーザーの需要を満たせそうにないというのが、その理由だ。「通信と放送の融合」は実現するどころか、遠のき始めている実状に、「ユーザーを軽視しすぎではないのか?」(パソコンメーカー関係者)と疑問の声があがっている。(安藤章司●取材/文)