コンピュータ業界の2大CPUメーカーのインテル(吉田和正社長)と日本AMD(吉沢俊介社長)がそれぞれ事業領域の拡大に乗り出している。両社が進めているのは、パソコンユーザーのすそ野を広げるとともに、自社プロセッサ搭載の機器を増やすこと。個々の戦略でコンピュータ機器を販売するベンダーのビジネスチャンス創出につなげる方針だ。(佐相彰彦●取材/文)