応研(原田明治社長)は、売上・仕入・在庫統合型ソフトウェア「販売大臣NX」の外部接続性やカスタマイズ性能を大幅に拡張した。新たなオプション製品をSIerに提供して製品自体の拡張性を高めたり、他社のWebデータベースとの連携性を強めることで、複雑な販売管理処理をする業種業態や、データを戦略的に活用する中堅・中小企業(SMB)の新規市場を開拓する。ユーザー企業の要望に応じて、「売り手」側で自由度の高い製品を安価に早く提供できるようにする重要性は高まっている。こうした連携性の拡充が、不況下で市場が低迷する業務ソフト販売の“切り札”になるかどうかが注目だ。