『週刊BCN』編集部は、毎年末におよそ90社のSIerとソフト開発会社の経営トップを取材し、その年の成果と課題、そして次の年に向けての戦略キーワードを紹介してきた。過去を振り返れば、同じ企業・人物でも、時代の移り変わりに合わせて、言葉が変化していることがわかる。リーマン・ショックの痛手を経て徐々に復活してきた2010年から2012年までの3年間、SI業界をけん引する5社のトップはどのような言葉を選んだのか。その歴史を振り返る。