三菱化学、田辺三菱製薬、三菱樹脂、三菱レイヨンという四つの事業会社の純粋持株会社である三菱ケミカルホールディングス(三菱ケミカルHD、小林喜光社長)。海外売上比率が全売上高のおよそ3分の1を占める。グローバルレベルでのタレントマネジメントの実践を目指して、ワークスアプリケーションズが開発・販売する「COMPANY グローバル人事」を採用した。急速に進展するグローバル化に対応し、競争力をさらに高めようとしている。