ワークスアプリケーションズ(牧野正幸代表取締役最高経営責任者)は、7月22日、資産管理システム「COMPANY Assets Management」と資金管理システム「COMPANY Cash Management」を伊藤忠商事(岡藤正広社長)に納入、4月に稼働を開始した。システム構築は伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が担当した。

 伊藤忠商事は、IFRS(国際会計基準)への対応にあたり、現行システムの継続利用では有償バージョンアップが必要で、改正のためにコストが発生するために、新システムへの移行を検討していた。そのなかで、09年から資産除去債務機能を実装していたことなどを理由に「COMPANY」の導入を決定した。(木村剛士)