企業の間で、「ワークスタイルの変革」が注目を浴びている。在宅勤務やフリーオフィス方式を採用し、業務形態の自由化を図る企業が増えつつある。ITサポート事業を手がけるコニカミノルタ ビズコム(山田恭社長)は、3年ほど前に在宅勤務の制度を導入した。そして、社員が自宅のパソコンやモバイル端末から簡単に会社のパソコン環境にアクセスすることができるツールとして、RSUPPORTのリモートアクセス製品「RemoteView」を活用している。自社での利用経験を踏まえ、「RemoteView」を中小企業向けIT管理サービス「IT-Guardians」にも組み込んで、自社サービスの一機能としてユーザー企業に提供していく。(取材・文/ゼンフ ミシャ)