中国は、対日オフショア開発とBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の主要発注先としての役割を長らく担ってきた。しかし、最近では急激な円安元高が進行し、人件費も高騰。対日アウトソーシングのビジネス環境は日に増して厳しくなり、従来の単純なコストメリットを狙うビジネスモデルでは、もはや生き残ることができなくなりつつある。中国のなかでも、とりわけ対日アウトソーシングの中心地域として隆盛を極めた大連。現地のIT企業は、この市場環境の変化にどう立ち向かっているのか。(取材・文/真鍋武)