大手ディストリビュータの間で、クラウドなどのサービスを提供する動きが出てきた。モバイル端末と通信回線に加えてクラウドサービスを組み合わせたセットモデルや、インフラ構築サポートをメニューとして揃えるなど、リセラーがハードやソフトを売りやすくするために、サービスを加えて売るための環境整備に力を注いでいる。ポイントは、サービスを“モノ”として捉えるということ。ディストリビュータがリセラーにハードやソフトを提供するという商流を、クラウドなどのサービスにも適用していく。クラウド時代を意識した新しい取り組みによって、ディストリビュータのあり方が変わろうとしている。