OpenStackの有力ディストリビュータである米ミランティスが日本法人を設立し、日本市場に本格参入した。オープンソースのIaaS基盤ソフトとして急速に注目度が高まっているOpenStackだが、日本では、インターネットサービス系の企業などで一部導入が進んでいるものの、ビジネスとしての規模はまだそれほど大きくない。IaaS市場では「Amazon Web Services(AWS)」がトップを独走するが、既存のパブリッククラウドサービスは、AWSを含めてプロプライエタリ(非公開で独占的)なものが多く、OpenStackには、こうしたサービスのロックインからユーザーを解放し、オープンなクラウドを実現する技術として期待する向きもある。ミランティスの上陸が、国内のOpenStack浸透を後押しすることになるか、注目を集める。(本多和幸)