通信機器メーカーである日本アバイア(川上佳樹社長)は、コンタクトセンター(CC)向けソリューションをサービス型で提供する事業を本格化する。この1月、大手システムインテグレータ(SIer)のSCSK(大澤善雄社長)と提携した。サービス型提供のライセンスを需要に応じてSCSKに貸し出すことによって、SCSKにとっての先行投資を少なくし、サービス型での提案を促す。