スマートフォンの「freetel(フリーテル)」ブランドを展開する国産メーカー、プラスワン・マーケティング。2012年10月の創業時には社員が4人だったが、freetelブランドのスマートフォンをリリースしてから、現在では社員60人を超える規模に急成長している。新しいメンバーが次々と入社してくるなかで業務を円滑に遂行していくには、データを共有するための環境が不可欠だ。同時にデータのバックアップ環境も必要と考えた同社が選んだのは、AOSテクノロジーズの「AOSBOX Business」だった。